羽田智哉(東海大)の出身高校を調査!1万メートルのタイムは?

スポンサーリンク

2019年の箱根駅伝で、見事初優勝を遂げた東海大学。

往路は2位で折り返し、8区で子持ち選手が大逆転を演じるなど、近年まれに見るデッドヒートを繰り広げました。

2020年も大本命の東海大学は、主要メンバーの強さだけじゃなく、選手層が厚いことで他の大学を圧倒しています。

選手層が厚いということは、メンバー争いも熾烈だということを気にしています。

そんな中、過酷な練習を乗り越え、メンバーに選ばれたのが4年生の「羽田智哉」選手です。

今回は、羽田智哉選手の出身高校と、1万メートルのタイムについて調査してみました。

スポンサーリンク

★羽田智哉選手の出身高校は?

愛知県安城市出身の羽田智哉選手、 現在東海大学の文学部に通っています。

日本史学科に在籍しているということで、きっと歴史が大好きなのでしょう。

そんな羽田智哉選手の出身高校は、愛知県にある私立豊川高校です。

偏差値は44~59と、幅広く生徒を受け入れていて、愛知県内で413件中64位、愛知県内の私立では154件中19位と、かなり上位に位置する進学校です。

スポーツの強豪校としても有名で、特に駅伝部は、全国でも屈指の強豪校です。

県内でも指折りの駅伝部で、羽田智哉選手は3年生時にキャプテンを務めていました。

みんなから慕われる性格なのでしょう。

大学生活もあとわずか、4年生になった今年は、2019年に中島怜利選手が大活躍を見せた6区にエントリーされています。

下りのエキスパートと言われた中島選手に匹敵する走りを是非とも見せて欲しいですね。

★羽田智哉選手の画像をチェック!

こうして見ると、ごく普通の大学生という雰囲気が漂っていますね(笑)

それだけに、ここ一番で活躍すれば大注目され、この先の人生にも大きな華を咲かせることができるでしょう。

実際のところ、羽田智哉選手は一般企業へ就職が決まっているようなので、ランナーとしての生活は大学生で終わるようです。

だからこそ箱根駅伝を最高の思い出にするために、子供や孫の代まで語り継がれる大活躍をしたいと思っているに違いありません。

有能な選手が集まった黄金世代の一人だけに、みんなと切磋琢磨したその強心臓を本番でも発揮して欲しいと思います。

★羽田智哉選手の1万メートルのタイムは?

羽田智哉選手の1万メートルのタイムは、30分14秒08です。

スピードスターが揃う東海大学にあってはやや見劣りしてしまいますが、箱根駅伝の6区は下りが続く特殊なコースですので、平坦な道とはまた違った力が必要だと思います。

両角監督の思惑ではきっと、羽田智哉選手こそ中島怜利選手の穴を埋める下りのエキスパートという印象なのでしょう。

羽田智哉(東海大)の出身高校を調査!1万メートルのタイムは?まとめ

今回は、東海大学4年生『羽田智哉』について、出身高校や1万メートルのタイムなどを調査してみました

箱根駅伝2020のメンバーに選ばれたのですから、悔いのない走りを見せて欲しいですね。

スポンサーリンク