THE HEAD(第6話)ネタバレ感想!Hulu配信ドラマ!全ての謎が明らかに!

スポンサーリンク

CMでもお馴染み、世界同時配信ドラマ「THE HEAD」の第6話が、7月17日にHuluで配信されました。

山P出演だけあって、日本でも話題沸騰しています。

実際、2020年7月現在、Huluのコンテンツの中でも1、2位を争う人気作品となっています。

今回は、THE HEAD(第6話)のネタバレ感想を紹介していきますね。

ネタバレを読む前に、ドラマを楽しみたい方は、以下をどうぞ!

➡︎THE HEADを今すぐ視聴する!

第5話のネタバレもどうぞ!

スポンサーリンク

★THE HEAD(第6話)ネタバレ

●ポラリス5で何があったか

ポラリス5の研究メンバーが食事を楽しんでいる間、アーサーがサラの髪に触れてキスを迫っていた。

しかしサラは、どこか迷っている様子。

そんな2人を、ドアの外から覗き窓越しにアニカが見ていた。

やや強引に、サラにキスを迫るアーサー。

サラが抵抗したため、力づくで迫ろうとした瞬間、勢い余ってサラを押し倒してしまう。

不運にも、サラは後頭部をテーブルに打ちつけ、帰らぬ人になってしまった。

アニカはドアを開き、すぐに中に入ってくる。

アーサーが殺人を犯したことで、これまでの研究も台無しになってしまうため、アニカもパニック気味だった。

どうすればいい?

話し込むアーサーとアニカ。

そしてのちにマギーは、ポラリス5での出来事をアニカから聞くのだった。

●アニカはみんなを説得する

アーサーの殺人を目撃したアニカは、そのことをみんなに伝えに行く。

みんなすぐに、サラの遺体がある場所へとやってきた。

それからのアニカは、このまま研究を続けるため、ポラリス5のメンバーを説得するために労力を費やす。

研究所内で殺人があったとなると、支援してくれる団体からの基金も途絶える。

研究を続けるには、殺人をみんなで隠蔽しなければならないのだ。

アニカは最初、二酸化炭素の研究に触れ、

「この研究が途絶えれば人類に危機が訪れる。たった1人の命を隠蔽するより、人類全体が生き延びるためには、隠蔽するしかない」

といった内容で説得を試みる。

しかし、殺人隠蔽で犯罪者になりたい者などいなかった。

そこでアニカは、共同生活で知り得た各自の弱みを利用することにした。

それぞれが暴露されたくない秘密を抱えていて、アニカはそれをネタに脅しをかけたのだ。

1人ずつ、アニカの説得に応じてゆく。

ある人はイライラしながら、ある人は泣き崩れて。

全員を説得した結果、メンバーはポラリス5を焼き払うことに決める。

サラを中に残したまま。

●アーサーがマギーを襲う

アキとマギーがアーサーから逃げ出した続きを、マギーはヨハンに話す。

マギーは、雪上車があるガレージで、アーサーと対峙した。

話しながらゆっくり詰め寄ってくるアーサー。

アーサーがマギー に気を取られている隙に、後ろから現れたアキがアーサーに飛びかかる。

格闘の末、アーサーがアイスピックのような道具でアキの腹を刺す。

「逃げろ」と叫ぶアキ。

拳銃を持ったアーサーから逃げつつ、マギーはポータブルプレイヤーを持って地下に向かう。

追ってきたアーサーは、地面からの音に反応してそちらへと向かう。

置いてあったポータブルプレイヤーに気を取られている隙に、マギーは基地に戻って扉を閉めた。

締め出されたアーサーは、扉に向かって拳銃を放つが、意味はなかった。

マギーはその後、調理台の下に隠れ、ヨハンたちに見つかるのだった(第1話)。

スポンサーリンク

●ヨハンがアニカを見つける

マギーがついに、アニカがどこに向かったかを思い出した。

アニカは雪上車で、アルゼンチン基地ではなく、カナダ基地へと向かったのだ。

ヘリの操縦士であるアリステッドがカナダ基地に向かうと、ようやく雪上車を見つける。

その知らせを聞いたヨハンは、バギーを飛ばして雪上車の元へと向かう。

雪上車の扉を空けて、泣き崩れるヨハン。

南極の寒さの中、暖房すらない雪上車に残されたアニカは、寒さにやられて息を引き取ったのだ。

アニカの遺体は、ヘリで基地へと運ばれた。

●アーサーに詰め寄るヨハン

アニカの遺体を運んだ後、ヨハンはアーサーに詰め寄る。

雪上車の燃焼ホースには穴が開いていて、途中で燃料切れになるように仕組まれていたのだ。

アーサーがやったものだと決めつけ、ヨハンはアーサーに詰め寄る。

しかしアーサーは、惚けた顔で「なんのことだ?」と言う。

このときにはすでに、完全にアーサーが犯人と思っていたヨハンは、例のセーターを見せつける。

アーサーがサラを殺した際に着ていたセーターだ。

そのセーターは、アニカが凍死した雪上車にあった。

ヨハンはそれを、アニカが証拠を守るために、アーサーから遠ざけたと判断していた。

●アーサーが捕まる

もうおしまいだと思ったのか、アーサーは首をつって死のうとする。

しかし、意識が遠のきそうになったとき、2人の男性が入ってきて救われる。

そしてアーサーは、手錠をかけられた状態でヘリに連れて行かれる。

●マギーの復讐劇

全てが終わった後、マギーはパソコンを立ち上げ、テレビ電話で妹と話す。

「終わった?」と妹に聞かれ、「ええ」と答えるマギー。

実は、すべての殺人はマギーの仕業だった!

母であるサラを殺された復讐として、殺人を隠蔽したメンバー全員に復讐していたのだ。

アーサーの助手を務めるはずだったラーズを車で轢き殺したのも、

雪上車に乗ったエバを爆発させて殺したのも、

アニカが乗った雪上車の燃料ホースに穴を開けたのも、

すべてはマギーのやったことだった。

さらに、雪上車の燃焼ホースに穴を開けているときに、アキに見つかってしまい、そのときにアキを刺殺したのもマギーだった。

★THE HEAD(第6話)感想

ポラリス5でサラを殺めてしまったアーサー。

アニカは研究を続けるため、ポラリス5のメンバーを説得して、殺人を隠蔽する。

そしてポラリス6にやってきたマギーは、ポラリス5でサラの殺人を隠蔽した者たちに復讐してゆく。

母であるサラの敵討ちのために。

全体をまとめると、こんな流れの物語です。

考察でも、この展開を予想していた人はけっこういたと思います。

サラがマギーの母親だと気づけば、なんとなく分かりますからね。

それでもやはり、最後の最後で犯人を公開するシーンはすごいです!

短い時間でマギーの行動を描いているのですが、驚きの連続が訪れます。

展開を予想していた人でも、やはり驚いたことでしょう!

➡︎THE HEADを今すぐ視聴する!

スポンサーリンク