THE HEAD(第4話)ネタバレ感想!Hulu配信ドラマ!真犯人への手がかりが!

スポンサーリンク

CMでもお馴染み、世界同時配信ドラマ「THE HEAD」の第4話が、7月3日にHuluで配信されました。

山P出演だけあって、日本でも話題沸騰しています。

実際、2020年6月現在、Huluのコンテンツの中でも1、2位を争う人気作品となっています。

今回は、THE HEAD(第4話)のネタバレ感想を紹介していきますね。

ネタバレを読む前に、ドラマを楽しみたい方は、以下をどうぞ!

➡︎THE HEADを今すぐ視聴する!

第3話のネタバレもどうぞ!

スポンサーリンク

★THE HEAD(第4話)ネタバレ

●マギーを治療する(過去)

銃で脇腹を撃たれたマギーを、手術台に運ぶアキ、ラモン、アニカ。

しかし、医療の知識や経験があるのは、マギーしかいない。

3人は、呼吸を荒くするマギーの指示を受けて、必要な薬品を用意した。

マギーは、自らの手でメスを扱おうとするが、さすがにできそうもない。

アキが名乗りを上げ、マギーからメスを受け取る。

そんな様子を外から見ていたアーサーは、「無茶だ」と傍観者を決め込むばかりだった。

痛みに耐えかねたマギーは、気を失いかける。

アニカとアキが呼びかけて、どうにか意識を取り戻した。

マギーの指示を受けたアキは、どうにか傷の修復に成功する。

●遺体はサラ・ジャクソン(現在)

遺体は誰なのかと、アーサーに問い詰めるヨハン。

「サラ・ジャクソンだ」とアーサーは答える。

ポラリス5のときの研究員の一人で、8年前になくなっている女性だ。

「なぜこの基地の外にいたんだ?」とヨハンが聞くと、

「我々が運んだ」とアーサーが答えた。

●ポラリス5へ(過去)

ポラリス6の通信手段は使えないが、以前のラボ「ポラリス5」に行けば、通信手段が使えるかもしれない。

ポラリス5は燃えた後に氷に埋まったとされているが、南極の氷は年間で500億トン溶けているので、基地が姿を表している可能性がある。

ということで、アニカとアーサーとラモンが、スノーモービルを使ってポラリス5へ向かうことにする。

アーサーとアニカが準備を整えるために倉庫に向かうと、そこにはエリックがいて、何か備品を漁っていた。
助かるためにポラリス5に行くという2人に対し、「エバは生き返らない」とエリックは言う。

それでも説得しようとすると、エリックは拳銃を一髪アーサーの足元にぶっ放した。

「俺に構うな」と言い残して去るエリック。

スポンサーリンク

●ポラリス5へ(現在)

もしかしたらアニカは、ポラリス5にいるかもしれない。

そう考えたヨハンは、部下にポラリス5に行くよう指示を出す。

そして、サラ・ジャクソンに関する映像を見つけ、サラが亡くなったときの研究員たちの様子を見る。

ヨハンは再びマギーの元へ向かい、マギーから過去を聞き出そうとする。

しかしミケは、まだ休息が必要だと、ヨハンを止める。

それでもヨハンは、アニカを見つけ出したい一心で、マギーを起こすようミケに命じる。

ミケはしぶしぶ、マギーに注射を打って起こすのだった。

●ポラリス5へ(過去)

アキは、マギーのそばにいるため、ポラリス5へは行かなかった。

眠っていたマギーのそばで見守るアキ。

目を覚ましたマギーは、アーサーたちがポラリス5に行ったと聞き、すぐに追いかけると言い出す。

ポラリス5への地図を探していると、ポラリス5で唯一の死者となったサラ・ジャクソンの情報を得る。

さらにアキは、ニルスの胸に刻まれた「V」が、ローマ字の5に当たることにも気づいた。

ポラリス5と、何か関係があるのかもしれない。

●マギーの主張(現在)

ヨハンに対して答えるマギー。

「犯人は、スノーモービルだけ使えるように残し、ポラリス5に導いたのだ」と。

「目的は?」とヨハンが聞くと、

「わからない」とマギー。

けれど、殺人の理由がポラリス5にあることには気付いていた。

●アキとマギーもポラリス5へ(過去)

すでにポラリス5に到着し、出入り口を探してスコップで掘っていたアーサーたち。

そこへ、アキとマギーが別のスノーモービルでやってきた。

休憩を挟みながら、入り口を探し出そうとする。

ようやく見つけ出し、中へ踏み込む。

進んでいくうちに、サラ・ジャクソンの焼死体と遭遇する。

ショックを受けるアニカだが、とにかく先に進まねばならない。

階段を登る途中、手分けして探すべきだとアニカが言う。

懐中電灯が切れた場合のことも考えて、まとまって行動すべきなのだが、

このままみんなが一緒の場所を探しても非効率だとアニカは考えたのだ。

懐中電灯はみんな1つずつ持っているので、手分けして探すことにする。

と、マギーがその場に倒れ込んだ。

傷が悪くて、立っていられなくなったようだ。

少し休憩するというマギーに、アキだけが一緒に残ろうとする。

しかしマギーは、アキにも行って探すように言う。

アキはマギーに、懐中電灯をセーブするように言い残し、先に進む。

でもマギーが倒れたのは、演技だった。

(それについてはアーサーも気付いていたようで、ヨハンに対して「あれは演技だった」と言う。)

1人になったマギーは、サラ・ジャクソンの遺体まで戻った。

遺体を調べると、後頭部に骨折の後が残っているのに気づく。

火傷で死んだのではなく、誰かに殺された後にやかれた証拠だ。

●マギーの分析(現在)

ヨハンとニケに、マギーはその時のことを話す。

「死因は火災じゃない。サラは殺されたのよ」というマギー。

ヨハンとニケは、「燃えているときに転んで、頭をどこかに打ち付けたのでは?」と分析するが、

マギーはそうは考えていなかった。

「彼女が殺されたのは間違いない」と。

「彼らは証拠を隠蔽するために、あそこ(ポラリス5)へ戻った」

●マギーは犯人の行動を怪しむ(過去)

サラの遺体を調べた後、移動したマギーは、何者かが本棚を漁っているのに遭遇する。

懐中電灯を消し、息を潜めて観察するマギー。

この時マギーは、「スーツケースを探して」と、女性(アニカ?)に言われたことを思い出す。

と、その本棚を物色中の人物はマギーの気配に気づいたのか、マギーの近くに寄ってきた。

しかしマギーは間一髪で移動したため、見つからずに済む。

その手には、サラ・ジャクソンに返却するためのスーツケースがあった。

中を開けてみると、セーターが入っていた。

●マギーの意見(現在)

「みんなが探してたのは、血塗れのセーター。それが証拠よ」

★THE HEAD(第4話)感想

ヨハンが、アーサーとマギーから交互に話を聞き、どちらかが嘘を言っていると思い始めているようです。

生き残っているのはアーサーとマギーの2人だけなので、2人の話に矛盾が生じれば疑うのは当然ですね。

でもアーサーは、ヨハンがもう一人の生き残りを疑っていないことに、ちょっと辟易しているようです。

そう、アニカです。

マギーに「スーツケースを探して」と告げた人物は、間違いない女性の声でした。

ポラリス5に向かった中で、マギーの他の女性はアニカだけ。

そのシーンの映像では、その女性は背中を向けていて顔まで見えませんでしたが、アニカと考えるのが妥当でしょう。

すると、アニカが証拠(スーツケース)を探して隠蔽しようとしていた? と考えられますが、どうでしょう?

➡︎THE HEADを今すぐ視聴する!

第5話のネタバレもどうぞ!

スポンサーリンク