【THE HEAD】犯人考察(4話)!相関図と細かい分析!アニカ犯人説が浮上!

スポンサーリンク

7月3日に第4話が放送され、考察合戦がますます盛り上がってきた「THE HEAD」。

生き残った者たちのうち、5人がポラリス5へ移動する展開ですが・・・

怪しい人物やシーンをピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

犯人考察を読む前にドラマを見たい方は、以下をどうぞ!

➡︎THE HEADを今すぐ視聴する!

第3話の犯人考察もどうぞ!

スポンサーリンク

★【THE HEAD】犯人考察(4話)

●サラ・ジャクソン

第3話の終わりに、突如として登場した新たな遺体。

アニカかと思われましたが、足に見つかったボトルの痕跡により、別の人物であると判明します。

第4話にて、遺体はサラ・ジャクソンであることが判明します。

これは、8年前にポラリス5で亡くなった遺体です。

サラには2人の子供がいるので、もしかしたらサラの娘がマギーである可能性もあります。

マギーは以前に、南極大陸にいくことは母の希望であったと話しているので、辻褄は会うんですよね。

ただし、マギーはその時、「母は結局、南極に冒険はしなかった」と発言していますので、その辺りが怪しいところです。

もし仮に、サラがマギーの母親だとしたら、母であるサラを失ったマギーは、誰かに復讐するために犯行を企てた、と考えることもできそうです。

●ポラリス5とアルゼンチン基地

第3話では、アルゼンチン基地に行って助けを求めよう、という意見が出ました。

第4話では、ポラリス5に行って、通信機器を探そう、という意見が出ました。

アルゼンチン基地は300kmも離れていて、ポラリスまではスノーモービルでたいした時間もかかりません。

確かにポラリス5は何年も火災になり、しかも氷に埋められていたかもしれません。

それでも、近さからすれば、アルゼンチン基地より先に行くことを考えてもいいはずです。

アルゼンチン基地に助けを求めようとしたのも、ポラリス5に行こうと言い出したのも、どちらもアニカです。

怪しいですよね・・・

●アニカとサラのアーサー関係性

サラがインタビューを受けるシーンで、アニカと仲睦まじそうに体を寄せ合うシーンがあります。

そしてアニカは、自分が野心家であることを強調しています。

研究の結果から、自分が脚光を浴びることを夢見ているのです。

第1話では、アーサーに手柄を独り占めされたくないという発言も飛び出したいます。

そこへもって、サラという優秀な人物が登場してきました。

何年も前に亡くなったとはいえ、サラも何らかの研究結果は残していたはず・・・

アニカとアーサーは、サラの研究結果を横取りするため、何か良からぬことをしでかした可能性はないでしょうか?

スポンサーリンク

●アニカの筆跡

第1話でヨハンが見つけたアニカの筆跡は、第4話にも登場しています。

以下のような文面です。

「ヨハン、許されないことをしてごめんなさい。私の手は血で汚れた。業火に値する罪よ」

今回は、文面までは読まれませんでしたが、映像で視聴者に何かを伝えようとしている風ではありました。

アニカは、自分がしでかした行いを良くないこととして認識しています。

犯人かどうかはまだわかりませんが、非常に怪しい人物であることは間違いなさそうです。

●手分けして探そう、とアニカが言う

懐中電灯が切れると生命の危機になるポラリス5で、アニカは「手分けして探そう」という発言をします。

みんなバラバラになったほうが、アニカにとって都合が良いことがあったのだと思われます。

結果、みんな手分けして通信機器を探しに行きます。

けれどマギーは、通信機器を探しにいくと言うのは表向きで、真の狙いは何かを隠蔽することだと語ります。

アニカがますます怪しいですね。

★【THE HEAD】犯人考察(4話)!相関図と細かい分析!アニカ犯人説が浮上!:まとめ

今回は、Huluで配信中の人気ドラマ「THE HEAD」(4話) の犯人考察について記事にしました。

アニカが非常に怪しいと思われる回でしたが、それすらも伏線である可能性もあります。

アーサーやマギーにも、まだまだ隠していることがありそうですし、犯人考察はますます盛り上がりそうですね。

➡︎THE HEADを今すぐ視聴する!

第5話の考察もどうぞ!

スポンサーリンク