菅田将暉と小松菜奈の共演映画を無料視聴!馴れ初めや交際経緯もチェック!

スポンサーリンク

2020年3月20日、俳優の菅田将暉さんと女優の小松菜奈さんが熱愛関係にあると、Twitterのトレンドに入りました。

お二人は共演作も多く、以前から熱愛が囁かれていた間柄なので、お似合いのカップルだという声も多数上がっています。

気になるのはやはり、どんな作品で共演したかということですよね。

その点について調査してみました。

スポンサーリンク

★菅田将暉と小松菜の共演映画

お二人の共演映画は、

・ディストラクション・ベイビーズ
・溺れるナイフ
・糸

です。

それぞれ詳しく解説していきます。

●ディストラクション・ベイビーズ

こちらは、ディストラクション・ベイビーズの初日舞台挨拶を撮影した動画です。

小松菜奈さんがいきなり、「菅田さんのことが嫌いでした」と爆弾発言をしています。

もちろんリップサービスだと思いますが、いつでも自然体で人と接する小松菜奈さんの魅力が垣間見える瞬間ですね。

こちらの映画は2015年の5月から撮影され、この映画をきっかけに菅田将暉さんと小松菜奈さんは出会います。

お二人の馴れ初めともいえる作品なんですね。

●溺れるナイフ

ディストラクションベイビーズの出会いから約半年後、2015年の秋には『溺れるナイフ』の撮影が始まりました。

菅田将暉さんと小松菜奈さんにとって、二作目の共演映画です。

撮影期間はわずか17日間だったそうですが、お二人にとってすごく濃密な期間となったようです。

こちらの映画では濃厚なキスシーンもあり、大きな話題となりました。

この映画の撮影時にはまだ交際はスタートしていなかったようですが、菅田将暉さんは小松菜奈さんにとても魅力を感じていたとのこと!

飾らないタイプの小松菜奈さんは、菅田将暉さんにとって、一緒にいて安らげる存在だったのでしょう。

●糸

中島みゆきさんの名曲『糸』を映像化したこちらの作品で、菅田将暉さんと小松菜奈さんは三度目の共演を果たします。

こちらの作品は2020年4月24日公開なので、お二人の熱愛を報道をきっかけに大ヒットする可能性がありますね(笑)

撮影期間は2019年の夏(7月~9月)で、東京はもちろん、北海道や沖縄、シンガポールでもロケが行われました。

撮影期間中に、菅田将暉さんが小松菜奈さんに猛烈なアプローチをしたようです。

交際がスタートした2人にとってみれば、ずっと旅行しているような気持ちだったのかもしれませんね(笑)

★お二人の共演映画を無料視聴する方法!

『糸』はまだ公開されていないため、4月になったら映画館で見るしかありません。

いっぽう、『ディストラクション・ベイビーズ』と『溺れるナイフ』は動画配信サービスで視聴可能です。

U-NEXTなら、31日間のお試し期間を利用して、無料で楽しむことができます。

どちらも見放題作品なので、パソコンでもスマホでもテレビでも、今すぐここで視聴可能です。

※配信終了日が迫っているので、以下をチェックしてご確認下さい。

⇒ディストラクション・ベイビーズはこちら

⇒溺れるナイフはこちら

31日間の無料トライアルが終わるタイミングで解約すれば、一切の料金もかかりません。

解約も簡単で、ボタンをポチッとするだけ!

無料期間にも600ポイントがもらえるので、こちらを利用して漫画やポイント作品なども楽しんでくださいね。

サービスが気に入ったら、そのまま継続利用するのもありですよ。

★菅田将暉と小松菜奈の出演映画

U-NEXTなら、菅田将暉さんと小松菜奈さんの出演映画がたっぷり楽しめます。

菅田将暉さん出演作品
・セトウツミ
・何者
・帝一の國
・生きてるだけで、愛

小松菜奈さん出演作品
・沈黙-サイレンス-
・渇き。
・バクマン
・僕は明日、昨日のきみとデートする

2020年3月現在、上記の作品の中では、『生きてるだけで、愛』以外はすべて見放題作品なので、無料期間中に全部視聴することもできます。

ちなみに『生きてるだけで、愛』は550ポイントなので、トライアル中にもらえる600ポイントを利用すれば無料で視聴できます。

新型コロナの影響でお出かけするチャンスも少ない今、動画配信サービスを無料で利用できるのは心強いですよね。

★菅田将暉と小松菜奈の共演映画と出演作品!馴れ初めや交際経緯もチェック!:まとめ

今回は、菅田将暉さんと小松菜奈さんの共演映画とお二人の出演作品、並びに、馴れ初めや交際までの経緯を紹介しました。

共演作品が多い俳優さんと女優さんは、世間から熱愛の目を向けられる傾向があります。

菅田将暉さんと小松菜奈さんも例に漏れず、しっかりと愛を育んでいたんですね(笑)

令和を代表するビッグカップルの誕生だけに、今後も注目を浴びることでしょう。

スポンサーリンク