【レジ袋有料化】マクドナルドは?7月1日以降も無料を継続?

スポンサーリンク

2020年7月1日、レジ袋の有料化がスタートします。

コンビニ、スーパー、雑貨店など、各種店舗でレジ袋が必要な場合、お金を支払って購入しなければならなくなったわけです。

有名人の中にも大反対のコメントを発する人もいて、日本全国の大きな話題ですよね。

さて、日頃からハンバーガーを好んで食べる人にとって気になるのは、マクドナルドでもレジ袋が有料になるかどうか、ということですよね。

気になるその点について調べてみました。

スポンサーリンク

★【レジ袋有料化】マクドナルドは?

結論からいうと、マクドナルドは7月1日以降も、レジ袋は無料で配布します。

公式アプリに、以下のような文言が記載されています。

マクドナルドでは、「地球のことを考えて行動する」を環境理念としており、2015年からバイオマス素材を配合しているレジ袋を使用しております。

7月1日から実施されるプラスチック製買物袋有料化制度において、バイオマス素材の配合率が25%以上のレジ袋はバイオマス素材がカーボンニュートラルであり、地球温暖化対策に寄与するとして有料化の対象外となります。

引用:マクドナルド公式アプリ

マクドナルドではすでに、5年も前からレジ袋に試作を施し、地球温暖化対策の取り組みを進めていたのです。

カーボンニュートラルとは何かといいますと、簡単にいえば「燃やしても二酸化炭素を出ないようにする」対策のことをいいます。

厳密にいえば、プラスマイナス0することを指しますが、難しく考えると難しくなりますからね(笑)

マクドナルドは、地球温暖化対策としてそのような取り組みを続けていたため、今回のレジ袋有料化も対象外になることができたのです。

公式アプリでは、さらに以下のように続いています。

マクドナルドでは、バイオマス素材の認証マークを追記した新しいレジ袋を導入し、お客様にレジ袋代金をいただくことなく商品をご注文いただけます。

毎日多くのお客様をお迎えし、お食事をご提供している私たちマクドナルドには、世界が抱える社会的課題や環境問題に取り組むことに大きな責任があります。

日本マクドナルドは、今後も地球のことを考えて行動し、様々な取り組みを実施してまいります。

引用:マクドナルド公式アプリ

バイオマス素材の認証マークを追記した新しいレジ袋を導入するには、ごく一般のレジ袋を利用するよりもお金がかかります。

お店側がお金を支払い、そのような施策をとるのは、お客さまを第一に考えている証拠といえそうですね。

お客さまにも地球にも優しい理念を貫いているからこそ、ファンはマクドナルドを愛してやまないのでしょう。

★他にも牛丼チェーン店が無料の方針

マクドナルドの他にも、大手牛丼チェーン店の「吉野家」が、7月1日以降もレジ袋を無料のままで対応するようです。

こちらもマクドナルドと同じく、二酸化炭素を増やさないレジ袋を導入することで、レジ袋有料化の対象外となります。

すき家と松屋も同様に、7月1日以降に地球温暖化対策になるレジ袋を用意し、有料化の対象外となります。

同じ系列の店が施策を講じた場合は、そのライバル店も追従するように対策するのかもしれませんね。

★世間の声は?

意味不明論が多く飛び交っています。

現行のレジ袋でも、燃やしたときに二酸化炭素はそんなに出ないから大丈夫なのでは?
といった意見ですね。

それでも強く反対しているわけではないので、従う人がほとんどだと思います。

一部の地域だけ義務化されれば、その地域の人は腹を立てるでしょうが、日本全国平等に実施されるのなら、まあしょうがないか、と思うんでしょうね。

金額に関しては、各店舗で決めるようですね。

レジ袋に支払われた代金が、お店の収入になるそうなのですが、この辺りも今後議論を呼ぶかもしれません。

★エコバッグの持参が増える?

エコバッグの利用が進みそうですが、これにも一長一短があります。

食い返し使用するエコバッグは、衛生面ではレジ袋に劣ってしまうんですね。

そのため、エコバッグを持参する人が増えるかどうかは微妙なところです。

とくにコンビニでは、手ぶらで入って気軽にキャッシュレスで買い物したがる人も多いはず。

こちらの点も、今後議論を呼びそうです。

★【レジ袋有料化】マクドナルドは?7月1日以降も無料を継続?:まとめ

今回は、レジ袋の有料化において、マクドナルドはどう出るのか、といった点についてまとめました。

マクドナルドでは引き続き無料で利用できるようですので、マックファンのお客さまには喜ばれそうですね。

スポンサーリンク