【R-1】SAKURAI(芸人)はつまらない?ギターが重そう?ネタ動画を検証!

スポンサーリンク

サングラスをつけ、ギターを弾きながら、「どうしても伝えたいこと」をシャウドするネタで、有田ジェネレーションやガキの使いに出演して以来、話題となっているピン芸人のSAKURAIさん。

SAKURAIさんは、2020年のR-1グランプリに決勝進出しました。

ですが、ネット上では、「面白さがわからない」とか、「つまらない」といった厳しい声が上がっています。

SAKURAIさんのネタはつまらないのでしょうか?

なので、今回は、SAKURAIさんのネタは、面白いのかつまらないのかについて、動画を見ながら検証してみました。

以下もどうぞ!

スポンサーリンク

★SAKURAIのネタ『どうしても伝えたいこと』

こちらは、日本テレビ「ガキの使いあらへんで」の特別企画「山-1グランプリ」に出演した時の動画です。

山-1グランプリは、年に1度開催しており、若手芸人のお笑いコンテストみたいな感じです。

例えるなら、M-1グランプリやR-1グランプリなものみたいですが、そこまで大きな大会ではないです。

しかし、過去に永野さんや尼神インター、コロコロチキチキペッパーズ、日本エレキテル連合が出演し、ブレイクのきっかけとなりました。

そこに今年は、SAKURAIさんが出演しました。

「どうしても伝えたいこと」というネタで、ギターに合わせながらリズムにのって歌っています。

SAKURAIさんのどうしても伝えたいことは、

「お腹、首、背中、両足、僕がお風呂に入って洗う順番」、「ココリコ、爆笑問題、からし蓮根、トミーズ、身長高い方がボケ」、「右左右左右左右右右…渋谷東横線の開くドアの位置」だそうです。

くだらない感じがしますが、そういうくだらなさが面白いと思います。

このネタを生で見ている浜田さんは、完全に飽きてしまったのか何か食べていますね。

SAKURAIさんに注目するより、そんな浜田さんに注目してしまう方も多いかも(笑)

他のガキ使メンバーは笑っています。

司会のココリコや開催者の方正さんも笑っています。

松本さんも、笑いながら「ハッが腹立つ」、「ハッやめろ、ハッ言うな」とツッコミを入れています。

そして、番組終了後、面白いという声があり、このように、YouTubeにもあがっています。

もしかしたら、このネタはつまらないという方がいるかもしれませんが、少なくともガキ使メンバーは笑っています。

浜田さんだけはツボるほどではなかったようですが、大御所を相手に物怖じしないでパフォーマンスできるだけでもすごいですよね。

★SAKURAIのネタ『バカすべりの唄』

こちらは、昔小さなライブハウスに出場した時の動画です。

「バカすべの唄」というネタで、最初のネタ説明からゆっくり話していて、聞きやすいです。

この時は、今みたいにギターではなく、ドラムでリズムをとっています。

少しクセが強めで、声が特徴的ですが、SAKURAIさんがボケると会場はウケています。

★SAKURAIのネタ『有田ジェネレーション』

こちらは、有田ジェネレーションに出演前の番宣です。

左が、SAKURAIさんです。

ちなみに、右はムラムラタムラという芸人さんです。

写真から見て面白そうですね。

SAKURAIさんは、漫談やコントではなく、リズムネタを中心にしていて、サングラスでギターというのが今のSAKURAIさんの芸風です。

★SAKURAIのネタ『有田ジェネレーション』

こちらは、有田ジェネレーション放送後です。

番組を見ていなかったのでわかりませんが、ネタを披露して合格したみたいです。

また、スタジオのにいた谷まりあさんや小峠英二さん、有田哲平さんも爆笑して、SAKURAIさんにハマったそうです。

★【R-1】SAKURAI(芸人)はつまらない?ギターが重そう?ネタ動画を検証!:まとめ

今回は、R-1グランプリ決勝進出を決めたSAKURAIさんについて、ネタが面白いのかつまらないか動画を見ながら検証してみました。

SAKURAIさんのネタは、少しクセが強めですが、見解はそれぞれです。

R-1をきっかけにブレイクして、今後のお笑い界にSAKURAI旋風を巻き起こしてほしいですね。

スポンサーリンク