【オーシャンズ8】クラブの曲(挿入歌)は誰の何て曲?アップテンポな劇中歌!

スポンサーリンク

2020年7月10日、金曜ロードショーで「オーシャンズ8」が放送されました。

サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイなど、超豪華な女優陣が一同に介した映画だけに、世間でも大いに話題になりましたね。

金ローで映画を見た人の中には、クラブのシーンで流れる曲が気になっている人が多くいるようです。

誰の歌で、なんという曲名なのでしょう?

まだ見てない方は、U-NEXTの31日お試しトライアルで無料視聴できます。

➡︎U-NEXTでオーシャンズ8を見る

スポンサーリンク

★【オーシャンズ8】クラブの曲(挿入歌)は何?

「Sofi Tukker」というグループが歌っている「Best Friend」という曲です。

映画ではほんの一部分しか流れていないため、歌詞はすべて英語で綴られているような気がしますよね。

でも、違うんです。

全部聞いてみればわかりますが、実は日本語が入ってるんですよ!

日本語のパート部分だけチェックしてみました。

1分53秒:だってバレバレ

1分59秒:大恋愛 きっと最初で最後

2分07秒:曖昧なんていらない

2分09秒:いち に さん で バイバイバイ

実はこのパート、日本人女性が歌っているんです。

ALISA UENO(植野有砂)という、日本人アーティストです。

★ALISA UENO(植野有砂)って何者?

ALISA UENO(植野有砂)さんについて紹介します。

名前:植野有砂
生年月日:1989年12月21日
職業:歌手、DJ、モデルなど

2009年にDJキャリアスタートさせた植野有砂さん。

2015年には、Nervoの「Hey Ricky」に、フィーチャーアーティストとして参加し、歌手として世界的にデビューします。

2016年から2018年まで、3年連続で渋谷のナイトアンバサダーに選ばれ、日本のダンスミュージックシーンのパーティーライフにも選ばれました。

2017年には、世界的に有名な日本人ギタリスト「ミヤビ」のツアーにバックDJとして参加し、数多くの音楽祭やパーティーに出演しました。

オーシャンズ8で採用されている「Sofi Tukker」の「Best Friend」は、全米のシングルチャートで5週連続で掲載されてます。

日本人として8人目、日本人の女性ソロアーティストとしては3人目の快挙です。

こちらの楽曲は、オーシャンズ8のクラブ曲として採用された他、

iPhoneXのCMソング、グローバル下着ブランド「Triumph」のTVCMソングとしても採用されています。

また、サッカー好きに愛されるビデオゲーム「FIFA」のサウンドトラックにも採用されています。

アップテンポで、思わず踊り出したくなるような曲だけに、気分を高揚させるシーンでよく使われるんですね。

★ALISA UENO(植野有砂)の動画

植野有砂さんがライブ発信をしている映像が見つかりましたので、よろしければどうぞ!

歌手らしく、やはり音楽を配信していますね。

まともな楽曲を配信するというよりは、日常の楽しげなワンシーンを映像にした、といった感じですね。

「けみお」という男性が出演していますが、こちらは一緒にお仕事をする関係のようです。

彼氏だという情報は見つかりませんでしたので、ファンの方はご安心を(笑)

★【オーシャンズ8】クラブの曲(挿入歌)は誰の何て曲?アップテンポな劇中歌!:まとめ

今回は、オーシャンズ8のワンシーンで、クラブで流れる曲について紹介しました。

聞いているだけで楽しい気分になれる曲ですし、元気になりたい時に聞きたいですよね。

オーシャンズ8のシーンにもぴったりなので、また見返してみると新たな発見があるかもしれませんよ。

➡︎U-NEXTでオーシャンズ8を見る

スポンサーリンク