ラランドはつまらない?おもしろ荘出演でネタの評判が急上昇!

スポンサーリンク

M-1グランプリ2019で、大活躍を見せたラランド!

あの有名な映画『ラ・ラ・ランド』みたいな芸名で、 一度聴いたら忘れられないインパクトのあるネーミングですよね。

残念ながら本戦出場の10組には選ばれませんでしたが、その面白さはテレビを通じて日本全国に知れ渡ったと思います。

そのラランドが、2019年12月31日の「おもしろ荘」にも出演しました!

ネットでは、つまらないとか、面白くないという意見も溢れかえっていますが、実際のところどうなのでしょう?

YouTubeの動画やツイッター情報などでチェックしてみました。

スポンサーリンク

★ M-1グランプリのラランドがこちら

こうして見ると、 やっぱりプロのお笑い芸人だけあって、面白いですよね!

つまらないという意見もありますが、私は結構楽しめました。

映像の最後には、陣内智則さんも 「面白かったですね」とコメントしてるのですから、やっぱり面白いのではないでしょうか。

陣内智則さんは、もう何年も芸能界で活躍しているプロの芸人ですから、芸人を見る目は確かなものがあると思います。

漫才の王道ともいえるノリツッコミのテンポも見事ですし、 「こんな小学生いねえよ」と思わせてくれるキャラクター設定も面白いです。

あと私が気になったのは、二人の立ち位置です。

男女のコンビなのですが、結構近い距離に立って漫才してますよね。

きっとプライベートでも仲がいいんでしょう。
(漫才の最中に距離が近いだけじゃ、何の証拠にもなりませんけどww)

それにしても「芸能人になったから街を歩こう」というセリフは面白いですよね。

別に芸能人にならなくても街を歩いていると思いますので(笑)

こういったワンフレーズに面白さを込めることができるのも、 やっぱり芸人ならではのセンスだと思います。

私だけじゃなく会場でも笑いが起こっているので、このワンフレーズはやはり面白いのだと思います!

★NOROSHI2018 決勝動画の動画もチェック!

こちらは約1年前のラランドです。

ちょっとした細やかなフレーズが違っていますが、2019年12月の M-1グランプリと同じネタですね。

1年前からこのネタを知っているファンは、 M-1でも同じネタが披露されたために、「またこのネタかよ」と思ったかもしれません。

そういった経緯もあって、「つまらない」とか、「面白くない」といった評判も出てくるのでしょう。

ちなみにこちらでは、M-1とは違って「読モは2~3人あるよ」と答えてます。

(映像を見れば分かるのでぜひご覧ください。)

本当にあるのかもしれませんが、どうでしょう?(笑)

でも「女優とはないよ」と答えているのはきっと本当なのでしょうね(笑)

★さーやがツイッターに発言!

ラランドの女性芸人の方が『さーや』です。

おもしろ荘に出演が決まって喜びのコメントをしています。

M-1グランプリと同様、芸人とってみれば一つの登竜門だけに、出演が決まっただけでものすごく嬉しいことなのでしょうね。

立て続けにテレビに出れば知名度もアップしますし、それだけファン層も広がって、ギャラのアップにもつながることでしょう。

まだそれほど顔が売れていない二人ですか、だんだんテレビでも見慣れた顔になっていくかもしれませんね。

★M-1グランプリでのラランドの活躍っぷり!

こちらは2019年の M-1グランプリにおける、各芸人たちの点数チェックのシーンです。

真ん中に堂々と写っているラランドが91点と、あの和牛よりも好成績を出しています。

結局和牛には負けてしまうのですが。

こちらのコメントでもありますが、ラランドは割と一般人受けする芸人なのかもしれません。

好きな芸人とかファンとかじゃなくても、テレビをつけてちょっと見た時に面白いと感じられる芸風なのでしょう。

ラランドはつまらない?おもしろ荘出演で評判が急上昇! :まとめ

今回は、2019年12月31日の「おもしろ荘」に出演したラランドのつまらなさ、面白さについて記事にしました。

ちょっと小生意気な子供役を演じさせたら天下一品のボケ担当「さーやさん」と、 ぽっちゃりした体型が印象的なツッコミ担当の「ニシダさん」。

これからももっともっと楽しめるネタを生み出して、世の中にどんどんお笑いを広げていってほしいですね。

スポンサーリンク