【麒麟がくる】関白・近衛前久を演じた俳優は誰?赤い衣装の好青年!

スポンサーリンク

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で関白・近衛前久を演じた俳優は、本郷奏多さんです。

近衛前久といえば、上杉謙信と盟約を結んだり、織田信長と親交が深かったりと、 歴史に詳しい人の間では有名な人物です。

麒麟がくるでも重要な役どころなので、近衛前久役を演じることになっ本郷奏多さんは、とても意気込んで撮影に臨んでいるとか。

今回はそんな本郷奏多さんについて紹介します。

スポンサーリンク

★本郷奏多のプロフィール

本名:本郷 奏多
生年月日:1990年11月15日
出生地:宮城県仙台市
身長:174 cm
血液型:O型

その端正なルックスで女性ファンも多い本郷さんですが、 幼い頃からその容姿には注目されていたようで、幼稚園の頃からキッズモデルとして活躍していました。

役者としてのデビュー作は、2002年公開の金城武さん主演映画『リターナー』です。

その3年後、2005年公開の映画『HINOKIO』では、当時中学生の本郷さんが主役として大抜擢されました。

数々のテレビドラマや映画に役者として出演しているだけでなく、アニメでも声優として活躍しています。

またCMや舞台にも活躍の幅を広げ、「かわいい」といわれる甘いマスクで女性ファンを魅了しています。

バラエティにも積極的に出演し、ドラマや映画のPR活動もしっかり行なっているようです。

映画やドラマは、スタッフや出演者が協力して作るものなので、その一員としてできる限りのことはしようという、前向きな気持ちから行動しているのでしょう。

★本郷奏多は大のガンダムファン!

本郷奏多さんは、大のガンダムファンとして有名です!

アニメも好きなんでしょうけれど、それ以上にプラモデルが好きなようですね。

2017年には番組の企画でガンプラ工場に訪れ、普段はクールな本郷さんが興奮する一場面を披露してくれました。



この嬉しそうな表情、まるで少年のようですよね。

ロボットや機械は、男の子の趣味としてとても人気のあるジャンルです。

本郷さんもまた、多彩なモビルスーツたちに、日々ワクワクさせられているのでしょう(笑)



こちらは本郷さんが作成したガンプラです。

これはもう趣味の域を超えて、匠の技だと話題になりました。

ものを作る際の手先の器用さは、きっとプロレベルなのでしょう。

★GACKTやhydeとの親交が深い

GACKTさんとhydeさんが共演したことで話題になった映画『MOON CHILD』に、本郷さんも出演しています。

この映画をきっかけに、GACKTさんとhydeさん、お二人ととても親しくなったようです。

本郷さんのお母さんはhydeさんの大ファンだったらしく、息子がhydeさんと仲良くなったことをすごく喜んだとか。

俳優になって有名になると、こういったいいこともあるんですね。

それもこれも、厳しい役者の世界で成功した本郷さんの活躍があってこそですね。

若いうちから親孝行できている本郷さんは、とても素晴らしい好青年ですね。

★大の甘党

本郷さんは、大の甘党だそうです。

上の画像では、嬉しそうにおまんじゅうをほおばっています。

ケーキやお菓子も大好きなようで、 ご飯よりもお菓子のほうを主食にしているんだとか。

『甘いマスクの甘党』は、女性ファンからもウケがいいですよね。

【麒麟がくる】関白・近衛前久を演じた俳優は誰?赤い衣装の好青年!:まとめ

今回は、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で近衛前久役を演じた俳優、本郷奏多さんを紹介しました。

クリーンなイメージのある本郷さんは、ガンダム好きという意外な一面を持ち合わせているんですね。

ストイックにのめり込むタイプのようですが、甘いものを食べる時の嬉しそうな表情は見ていてほっこりしてしまいますよね。

これからの活躍から、ますます目が離せませんね。

スポンサーリンク