【麒麟がくる】駒役の女優は誰?出演作品やプロフィールをチェック!

スポンサーリンク

2020年1月19日からスタートした、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』!

久しぶりの時代劇とあって、ファンの間では、 SNS などを通じて、期待に胸を躍らせるコメントが飛び交っていました。

初回は、主人公の明智光秀が京の都まで鉄砲を買い求める旅に出て、さらに名医を探すシーンが描かれていましたね。

名医の助手を勤めている『駒』 は、実在する人物ではなく、 このドラマのオリジナルキャラクターなのですが、演じている女優は誰なのでしょう?

今回は、 『麒麟がくる』で駒役を演じている女優について調べてみました。

スポンサーリンク

★駒役の女優は門脇麦さん!

駒役を演じている女優は、門脇麦さんです。

簡単なプロフィールを以下に紹介します。

本名:門脇麦
生年月日:1992年8月10日
身長: 160センチ

門脇麦さんは、麒麟がくる意外にも、NHK大河ドラマに出演しています。

2013年に放送された、綾瀬はるかさん主演の「八重の桜」です。

第44話~第49話まで、山本久栄役で出演していたんですね。



当時21歳の門脇麦さんの画像です。

八重の桜では、初回から最終話まで登場していた主要キャラクターというわけではないので、見落としている人も多いかもしれません。

ですが、たった6回の出演にもかかわらず、その清楚な容姿と演技が記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

また2015年には、NHKの連続テレビ小説『まれ』で、寺岡(津村)みのり役を演じています。

なかなか個性的なキャラクターを演じていましたが、麦さんならではの清楚な感じが滲み出ていて、とても良い演技でしたよね。

やや大きめのメガネもよく似合っています。

★門脇麦さんの主要な出演作品は?

・愛の渦
・闇金ウシジマくん Part2
・シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸
・止められるか、俺たちを
・さよならくちびる


これらのタイトルはすべて、 門脇麦さんが女優として賞を受賞した作品になります。

まだ20代ながら、これだけの作品で賞を受賞できるのですから、すでに完成された実力派女優という感じがしますよね。

「麒麟がくる」でも、男社会の中で物怖じしない女性を演じていて、昔の日本女性のたくましさや力強さを感じさせます。

ハキハキとした喋りと清楚なルックスで、『麒麟がくる』でも存在感のあるポジションを演じ切ってくれることでしょう。

★門脇麦さんの映像をご紹介!

門脇麦さんを一躍有名にしたのが、 こちらのCMなのではないでしょうか。

「保険」ときっぱり言い切るその姿には、ちょっと清々しさすら感じてしまいます(笑)

男性にしてみれば、愛する女性にこのような発言をされてしまった日には、もうたまったもんじゃないですよね・・・

門脇麦さんは女優ですが、歌も歌っていることを私は最近知りました。

歌っている姿を映像で見ると、心を込めてワンフレーズずつ歌っているのがよく伝わってきます。

優しげなリズムで奏でられる楽曲は、門脇麦さんの雰囲気にぴったりだと思います。

黄昏時の浜辺で踊りを踊る門脇麦さんも、新鮮でいいですよね。

最後に『麒麟がくる』の映像も載せておきます。

こちらは、初回放送のクライマックス間近のシーンですね。

ちょっとはにかんだ笑顔を見せる「駒」を、さりげなく自然に演じています。

2020年の一年間、「駒」がどのように変化し、明智光秀にとってどのような関係を築き上げていくのか、とても楽しみです。

★【麒麟がくる】駒役の女優は誰?出演作品やプロフィールをチェック!:まとめ

今回は、『麒麟がくる』で駒役を演じている女優・門脇麦さんについて紹介しました。

ドラマの中では脇役ながら、華のある容姿と存在感ある演技で、ストーリーを大いに盛り上げてくれることを期待したいです。

オリジナルキャラクターなので、女優・門脇麦として自由な演技を披露してほしいですね。

スポンサーリンク