【麒麟がくる】伊平次役の俳優は誰?酒癖の悪い鉄砲鍛冶!

スポンサーリンク

麒麟が来る第5話で伊平役を演じた俳優は、玉置玲央さんです。

今回は、玉置玲央さんがどのような方なのか、紹介しようと思います。

スポンサーリンク

★玉置玲央のプロフィール

名前:玉置玲央(たまきれお)
生年月日:1985年3月22日
出身地:東京都
出身高校:関東国際高校・演劇科
身長:171cm
血液型:A型

職業は俳優ということですが、絵を描く才能が突出しているそうです。

所属する劇団のデザインやレタリングも、自分で行えるほどの才能を持っていて、佐藤佐吉賞優秀宣伝美術賞も受賞しました。

第5話の伊平次役では、酒癖の悪い鉄砲鍛冶を演じていましたが、たまきさん本人はまったくの下戸だそうです。

お酒を飲まないということは、普段は酔っ払うこともないのでしょう。

にもかかわらず、酒癖の悪い伊平次を見事に演じていましたよね。

プロの役者としての才能ですね。

★玉置玲央が役者を目指したきっかけ!

高校に進学する際、3次募集の選択肢が、韓国語、ロシア語、演劇科の3つしかなかったそうです。

おそらく本人は、語学を選ぶよりは演じることを選んだ方がいいと思ったのでしょう。

積極的に演劇を選んだというよりは、消去法だったと思われます。

結果的に高校で演劇に目覚め、卒業しても俳優としての道を進むことになったのだと思います。

ただし、高校卒業後はしばらくの間、デザインなどの裏方業に従事していました。

年齢を重ねるごとに、徐々に役者の仕事が増え、役者に専念するようになりました。

高校在学中から演出もスタートしていたので、そのうち役者だけではなく、演出家や監督としても活躍し始めるかもしれませんね。

★玉置玲央の主なドラマ出演作品

・オトコの子育て
・ヒトリシズカ
・救命病棟24時
・足尾から来た女
・連続テレビ小説 花子とアン
・HERO
・グーグーだって猫である
・遺留捜査
・探偵の探偵
・美女と男子
・真田丸
・麒麟がくる
・コピーフェイス〜消された私〜
・立花登青春手控え
・相棒 Season16
・都庁爆破!
・モブサイコ100
・遺留捜査 第5シリーズ
・平成ばしる
・ゾンビが来たから人生見つめ直した件
・TWO WEEKS
・サギデカ
・半沢直樹II・エピソードゼロ
・伝説のお母さん

NHK大河ドラマは麒麟がくるが初出演ではなく、2016年放送の真田丸で織田信忠役を演じています。

麒麟がくるでも織田信忠はいずれ登場する予定なので、玉置玲央さんはその役に思いを馳せているかもしれませんね。

★玉置玲央さんの画像・映像

こちらは麒麟が来る第5話で伊平次を演じた玉置玲央さんです。

酒癖の悪い鍛冶屋という難しい役どころですが、画像からもだらしのない伊平次の雰囲気が伝わってきますよね。

玉置玲央さんならではの迫真の演技だったと思います。

こちらは上の画像とは違って、爽やかスマイルを浮かべる玉置玲央さんの表情です。

『伝説のお母さん』に出演した際の画像ですね。

ちょっと癖のある男を演じさせても見事ですが、爽やか好青年の玉置玲央さんはやっぱり素敵ですよね。

★【麒麟がくる】伊平次役の俳優は誰?酒癖の悪い鉄砲鍛冶!:まとめ

今回は、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で伊平次役を演じた俳優『玉置玲央さん』について紹介しました。

『麒麟がくる』では鉄砲が重要なファクターになっていますが、そのいった重要な役どころを見事に演じきった玉置玲央さんに、世間からも注目が集まっています。

SNSでも第5話のメインキャラクターは伊平次だという声が飛び交っていますからね。

主人公の明智光秀を食って掛かるほどの存在感ある演技に拍手を送りましょう!

今後の活躍からも目が離せませんね。

スポンサーリンク