岩田健太郎の動画で「反対してる」「出ていけ」と電話したのは誰?

スポンサーリンク

神戸大学病院感染症内科教授である岩田健太郎先生が、大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」に乗り込んだ際の様子を話す動画が話題になっています。

動画の中で岩田先生が、「電話がかかってきて、誰とは言えないけれども(僕がダイヤモンド・プリンセス号に入ることを)反対してる」と発言しています。

1分47秒~1分52秒のあたりです。

また、8分17秒あたりでも、「突如として夕方5時あたりに電話がかかってきて、お前は出て行きなさい。検疫の許可を与えない。許可を取り消す」と告げられたと発言しています。

岩田先生にこのような電話をしたの誰なのでしょう?

厚労省の副大臣である、橋本岳さんという方のようです。

今回は、岩田健太郎先生がクルーズ船に乗り込んだ経緯と、厚労省の橋本岳さんが岩田先生を追い出した理由について考察してみました。

スポンサーリンク

★岩田健太郎先生がクルーズ船に乗り込んだ経緯

感染症のプロである岩田先生は、純粋にクルーズ船の内部はどのような状況になっているのかを知るため、

また、まるで公開されてない情報を世の中に公開するためにクルーズ船に乗り込んだようです。

アフリカでエボラが広まったときも、中国でSARSが流行したときも、岩田先生は現場に赴き活躍しました。

今回のクルーズ船も感染症のプロである岩田先生にとってみれば、自分が行かなければいけないという強い責任感を感じて向かったと思われます。

感染症のプロである岩田先生は、感染から自分の身を守る術を熟知しています。

クルーズ船内に入る人を救うにはどうすれば良いか、それを判断するためにも自分が乗り込む決断をしたのでしょう。

そして実際、2月18日の朝にクルーズ船に乗り込んだのです。

★厚労省の橋本岳さんはなぜ反対した?

クルーズ船内にいた岩田先生は、動画の中では電話してきた相手の名を明らかにしていません。

ですが、Twitterで情報が飛び交っています。

岩田先生は、厚労省副大臣の橋本岳さんから電話がかかってきて、降りるようにと指示を受けたようです。

橋本岳さんにしてみれば、自分が管轄しているクルーズ船に部外者が踏み込んでは困る、とでも思ったのかもしれません。

ご本人がTwitterでコメントしています。

★岩田健太郎先生もTwitterで反撃

★岩田先生の動画に対する世間の反応は?

厚労省が情報を隠していた事に対して、批判的なコメントをする人はかなり多いです。

厚労省にしてみれば、「隠していたのではなく、然るべきタイミングを見計らっていた」、といったところなのでしょう。

どちらが本当かはわかりませんが、岩田先生の勇気ある行動を賞賛する人もたくさんいるのは確かです。

こちらのコメントでは、岩田先生をクルーズ船に導いた厚労省の現場担当者に賛辞を送っています。

船内の様子が岩田先生の口から語られたことによって、世間の人々が船内の様子をうかがい知ることができたのは事実です。

その点を評価しているんですね。

こちらのコメントでは、 岩田先生がかつて、ネット民に対して言い放った文言を紹介しています。

なかなか過激な発言をする先生のようですね。

★岩田健太郎の動画で「反対してる」「出ていけ」と電話したのは誰?:まとめ

今回は、新横浜に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」に乗船した岩田健太郎先生の動画と、

岩田先生に対して、「反対してる」「出ていけ」と電話した人物について調査してみました。

クルーズ船に乗っていた乗客たちも下船しましたし、船内の様子はどんどん明らかになってくるでしょう。

なにはともあれ、新型コロナウイルス自体を一刻も早く解決することが、何より優先されるべきことだと思います。

スポンサーリンク