藤井聡太の年収2020予想!大台1億円突破の見込みは?

スポンサーリンク

2019年の将棋界対局料ランキングにおいて、2108万円を獲得し、見事ベスト10入り(9位)を果たした藤井聡太7段。

2020年は、去年をさらに上回る賞金を獲得すると予想することができます。

去年はタイトル挑戦がなかったのですが、今年はすでに2タイトルの挑戦を決め、さらに竜王戦も残していますからね。

さて、藤井7段の2020年の対局料は、いったいどれくらいになるのでしょう?

気になるその点について、各棋戦の対局料をもとに調べてみました。

こちらもどうぞ!

スポンサーリンク

★順位戦

将棋の棋士の基本給ともいえる順位戦。

リーグ戦方式で行われ、以下の5段階に分かれています。

・A級
・B級1組
・B級2組
・C級1組
・C級2組

A級棋士は、その時代のトップ棋士が10名在籍し、最も勝ち星の多い棋士が名人に挑戦します。

最初はC級2組から始まり、年間を通して1つずつ昇級していくことができます。

A級に上がって名人に挑戦するには、最低でも5年は必要な仕組みですね。

対局料に関しては、上から、

・65万円
・50万円
・30万円
・20万円
・15万円

となっています。

2020年現在、藤井7段はB級2組に在籍していて、年間に12局を戦うことになるので、トータルで360万円の対極料になります。

これは、勝ち負けに関係なくもらえます。

★棋聖戦

7月16日、藤井7段は、初タイトルをかけて、渡部明3冠と棋王戦4戦目の舞台に立ちます。

ここまでの3局、対戦成績は、

藤井7段 2 ー 1 渡部3冠

棋王戦は第5局までですので、先に3勝したほうが棋王位のタイトルに輝きます。

藤井7段は、あと1勝すれば、初タイトルを獲得するわけですね。

もし棋王に輝けば、賞金300万円を獲得することになります。

★王位戦

こちらも現在、藤井7段が木村一基王位に挑戦しているタイトルです。

7戦中4勝すれば奪取となりますが、すでに藤井7段が先に2勝しており、残り5局のうち2勝すればタイトル獲得となります。

王位タイトルの賞金は1000万円です。

★竜王戦

毎年10〜12月に本戦が行われる棋戦です。

藤井7段は、決勝トーナメントに進出しており、勝ち進むたびに賞金が得られる仕組みになっています。

3組優勝という位置からのスタートなので、仮に竜王挑戦まで勝ち進めば、それだけで対局料は600万円以上!

そして、もし竜王のタイトルを奪取すれば、将棋界最高の4320万円が手に入ります。

(ちなみに挑戦者になって負けた場合でも、1550万円の賞金が得られます。)

猛者ばかりで、勝ち進むのは至難の技ですが、約5000万円の獲得も夢じゃないのです。

★その他タイトル

将棋界には8大タイトルがあります。

すでに上述した、

・順位戦(名人戦)
・竜王戦
・棋聖戦
・王位戦

の他に、

・叡王戦
・王座戦
・王将戦
・棋王戦

の4タイトルがありますが、2020年の藤井7段はすでにタイトル挑戦の道は閉ざされています。

ですが、もし仮に、今季可能性のある3つのタイトルを全て奪取したとすれば、それだけで7000万円近い額が手に入ります。

7月までの対局料も、すでに1000万円以上は得ている見込みですので、トータルすると8000万円くらいの金額を得る可能性があるわけですね。

★対局料以外の収入は?

藤井7段の場合、対局料以外の収入もかなりすごいはずです。

ゲームアプリや本の印税、講演料など、いろんなところから収入が発生します。

本の出版はまだですし、講演料もどれくらいで引き受けているか公開されていませんが(もしかしたらまだ高校生なので無料かも)、数年後には1億の大台を突破してもおかしくないでしょう。

★藤井聡太の年収2020予想!大台1億円突破の見込みは?:まとめ

今回は、藤井聡太7段の2020年度年収予想を記事にしてみました。

大台の1億円越えは、今季は難しいかもしれませんが、近いうちに達成するのは間違いなさそうです。

ある1つの分野で秀でた能力があると、これだけ夢のある未来が待ってるんですね。

スポンサーリンク