ダニエルズはつまらない?おもしろ荘のネタが面白くなかった?

スポンサーリンク

声の大きさとキレのあるツッコミで、いま人気急上昇のお笑いコンビ『ダニエルズ』を知っていますか?

2019年12月31日のおもしろ荘にも登場し、その知名度が日本国中にぐんぐん広まっています。

面白いから有名なテレビ番組に出演しているわけですが、ネット上では「つまらない」とか、「面白くない」といった意見も多く出ています。

結局お笑いは、各個人がどう感じるか自由なので、面白いと感じる人もいれば、つまらないと感じる人もいるのは当然です。

今回は、ダニエルズのネタが面白いかつまらないか、私なりの見解を記事にしてみました。

スポンサーリンク

★ダニエルズのコント『捜査本部』

刑事ドラマなどでよくあるワンシーンですね。

捜査本部でデスクに座って電話をする上司と、その場に行ってきた所轄の刑事という設定です。

左にいる女上司役が、ボケ担当の「あさひ」さん。

右に入る所轄の刑事役が、ツッコミ担当の「望月」さん。

私なりの感想を単刀直入に述べますと、「ちょっとイマイチかなー」って感じちゃいました。

大きな声を張り上げていることに対して女上司がイチャモンをつけるコントなのですが、 ひたすら声の大きさに文句を言うばかりで、何のひねりもないまま終わりまで突っ走ります。

会場では笑いが起こっているので、面白いと感じる人も多いのだと思いますが、私的にはちょっと・・・ って感じです。

先の読めない展開と言いますか、驚きの連続と言いますか、そういった真新しさが何も感じられないコントに見えました。

駄々をこねるお子様同士のたわいない喧嘩、みたいな。

でも私もコントやお笑いに関しては素人なので、自分でこのレベルのコントを作ろうと思ったら、とてもできないのだと思います。

会場から笑いが起こってるのですから、ダニエルズもプロとしての面白さは兼ね備えているのではないでしょうか。

本当に対する私の感想はそんな感じですが、この二人には何か華のようなものを感じるのも事実です。

面白いネタを考えるより、役者として演じたほうが、もしかしたらビッグスターになれるような気がします。

★ダニエルズのコント『理事長』

こちらも『捜査本部』と同じ構成で作られた本当です。

『捜査本部』では、所轄の刑事の声の大きさにひたすらイライラする女上司を描いていました。

対して『理事長』では、ドアをノックしなかった野球部部長に対してイライラする理事長という設定で、コント展開していきます。

やはりこちらも、『ノックしなかった事に対する怒り』という一辺倒で最後まで突っ走っている感じがします。

女理事長の怒りはどこか的はずれでし、それが面白いといえば面白いのかもしれません。

でも私的には、的外れなことに怒りを感じている女理事長のほうにイライラしちゃいましたけど(笑)

ドアをノックしなかった野球部長に対して、野球のノックをしている場合じゃないでしょ、と掛け合わせたのは見事でしたけど。

★ダニエルズに対するネットの評判は?

「真逆の結果」というのはどういうものなのか分かりませんが、最後のオチは面白かったと言いたいのかもしれません。

もっとやりようがあると思うな、という意見はすごくまっとうだと思いますが、華のある二人なので、やはり役者としても通じそうな気がします。

「感情的になってるだけのキャラ」という設定で押し通してることに、ちょっと疑問を感じているようですね。

こちらは私も同じ意見です。

演技力が見事なのは間違いないと思いますので、やっぱりこの二人はお笑い芸人よりも役者なんじゃないかと思ってしまいます。

ダニエルズはつまらない?おもしろ荘のネタが面白くなかった?:まとめ

今回は、おもしろ荘に出演した『ダニエルズ』について紹介しました。

面白いかつまらないかは結局人それぞれの感性なので、どんなふうに感じてもいいんですよね。

あなたはどう思いましたか?

スポンサーリンク