【新型コロナ】感染者が出ていない県!最新情報をチェック!

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染者が、
日本国内でも少しずつ増えています。

2020年3月30日現在、
感染者が出ていないのは
どの都道府県なのか、
チェックしてみました。

スポンサーリンク

★感染者が出ていない県は5県!

3月30日現在、
まだ感染者が確認されていない県は
以下の5県です。

東北
・岩手県
・山形県

北信越
・富山県

中国
・鳥取県
・島根県

よろしければ、以下もどうぞ!





★それ以外の都道府県の感染者数は?

3月30日現在の都道府県ごとにおける
感染者数を調べてみました。

国内感染者数:1876名

北海道:175名

東北
・青森県:7名
・宮城県:4名
・秋田県:3名
・福島県:2名

関東
・東京都:430名
・神奈川県:126名
・千葉県:159名
・埼玉県:83名
・栃木県:12名
・群馬県:18名
・茨城県:16名

北信越
・新潟県:31名
・石川県:9名
・福井県:13名
・長野県:8名
・山梨県:4名

東海
・愛知県:167名
・岐阜県:20名
・三重県:8名
・静岡県:4名

関西
・大阪府:208名
・京都府:47名
・兵庫県:133名
・奈良県:11名
・滋賀県:6名
・和歌山県:17名

中国
・岡山県:3名
・山口県:6名
・広島県:6名

四国
・高知県:14名
・愛媛県:4名
・徳島県:1名
・香川県:1名

九州・沖縄
・熊本県:12名
・福岡県:26名
・大分県:28名
・宮崎県:3名
・佐賀県:1名
・長崎県:2名
・鹿児島県:1名
・沖縄県:8名

★感染者数が少なすぎる?

3月25日まで、
北海道が最多数でした。

これは、しっかり検査を行うように、
鈴木直道知事が早めの対策を
取ったためと思われます。

しかし、人口の多い東京が、
北海道の感染者数を上回りました。

3月26日以降、東京では、
1日に40名以上の感染者数を記録しています。

名古屋がある愛知県や、
横浜がある神奈川県からも、
多くの感染者数が出ています。

さらに大阪府や兵庫県など、
大都市がある都道府県が、
やはり多くの感染者数を出しています。

九州地区では、
観光地の多い福岡県が
比較的少ない印象があります。

まだ表面に出ていない感染者が
多くいるのは間違いないでしょう。

★手洗いうがいをしっかりと!

新型コロナウイルスに感染し、
重症化した場合、
致死率は3.4%ほどになるそうです。

インフルエンザの致死率が
1%ほどであるのと比較すると、
3倍以上の数値になるわけです。

ですが、
感染のしやすさで比較すると、

インフルエンザウイルスよりもはるかに、
人から人に感染するリスクは
低いそうです。

外出する際はマスクをし、
手洗いやうがいをこまめに行うだけでも、
感染するリスクは
大幅に下げることができます。

一人一人が自覚を持って行動することで、
日本の感染者数を大幅に増やさない
ことにも繋がります。

★極端な行動に走るのはやめましょう!

「トイレットペーパーが不足する」
といった情報に踊らされて、
慌ててトイレットペーパーを
買いに出かけた方も多くいます。

しかし実際、
トイレットペーパーは不足していません。

ただのデマ情報です。

トイレットペーパーを買いに、
人ごみの多い場所に出かけて行って、
感染してしまっては本末転倒です。

しっかりと情報を見きわめて、
適切な行動をとるようにしたいですね。

★【新型コロナ】感染者が出ていない県!最新情報をチェック!:まとめ

今回は、
新型コロナウイルスの感染者が
まだ出ていない県と、

感染者が出ている都道府県の
感染者数について調べてみました。

未だに解決の目処が
立っていない状況だけに、
これからも益々感染者数は
増えていくと思われます。

各自ができることをしっかりと行い、
少しでも感染を広めないように
一人一人が注意するべきときだと思います。

スポンサーリンク