香川県の新型コロナ隠蔽疑惑!理由は四国水族館か?

スポンサーリンク

2020年2月23日以降、香川県でも新型コロナウイルス感染者の隠蔽があるのではないかと、Twitter上で疑惑の声が上がっています。

そこで今回は、どのような経緯で香川県から新型コロナウイルスの感染者が出た(と推測される)のか、

また、なぜ香川県は新型コロナウイルスの感染者が出たことを隠蔽する(と推測される)のか、

といった点について調査してみました。

よろしければ、こちらもご覧ください!

スポンサーリンク

★香川県にも新型コロナウイルス感染者が?

今の時代、どんなに隠そうとしても、インターネットのコメントを通じて、情報が漏れてしまうことはよくあります。

香川県の新型コロナウイルス事情についても、県民は敏感にその実態をつかみ取り、

すでに香川県内にも感染した人がいるのではないかと突き止めています。

以下のツイートをご覧ください。

簡単にまとめると、

・クルーズ船(ダイヤモンド・プリンセス号)に乗船していた香川県人が下船し、香川県に戻ってきた。
(もちろん検査では陰性だったはずです。)
・その香川県人は、自宅療養をせずに、うどん屋に出かけた。
(検査では陰性でも、その後陽性に変わった可能性があります。)

・また別の人は、中国人と2日以上にわたって濃厚接触した。
・その後、 37.5°以上の発熱が4日以上続いた。
・しかし、病院では肺炎の症状がみられなかったために、コロナの検査を受けさせてもらえなかった。

香川県では既に5人以上が感染しているという情報です。

また、以下のようなコメントもありました。

新型コロナウイルスに感染している可能性のある人は、坂出市内の病院に入院中という情報です。

香川県坂出市には、回生病院という総合病院があり、この病院が新型コロナウイルスに対応できると思われます。

なので、もし上記の情報が本当なら、回生病院には新型コロナウイルスの感染者が入院している可能性があります。

★なぜ香川県は新型コロナウイルス感染者を隠蔽するのか?

その理由は、2020年3月20日にオープンする予定の四国水族館のため、という噂が飛び交っています。

県が時間とお金と労力を注いできた水族館だけに、お客さんが集まらなくなる事態は避けたいはずです。

新型コロナウイルスが県内に蔓延しているとなると、当然ながら人々は、人が集まる場所に行こうとは思わなくなります。

水族館もしかり!

いつなんどき自分が新型コロナウイルスを移されるか分からないとなれば、

四国水族館に出かける予定だった人も、お出かけは控えるようにするでしょう。

娯楽を楽しむよりも、健康を維持するほうが大切ですからね。

日本全体で見たときも、日本政府がオリンピックの開催を目指すために、

感染者数を少なく見積もっている、つまり隠蔽している、という噂があります。

大きなイベントや施設のオープンには、巨額の資金が絡みます。

経済的な視点から見た時に大きな損失になってしまうので、

国(県)は隠蔽に踏み切っているのだと、国民(県民)は見抜いているのです。

★Twitter上のコメントは?

ネットが繁栄している今の時代、どんなに隠そうとしてもどこからか情報が漏れてしまうものです。

Twitterに投稿されたコメント自体は少ないものの、情報を拡散している人がいるという事実は、

水面下で何人もの人が香川県の隠蔽疑惑を疑っているということを意味しています。

★香川県の新型コロナ隠蔽疑惑!理由は四国水族館か?:まとめ

今回は、 香川県が新型コロナウイルスの感染者数を隠蔽している疑惑と、その理由について調査してみました。

大きなお金が動く四国水族館のオープンも大切ですが、人命はそれ以上に大切なので、難しい問題です。

できるだけ早く、新型コロナウイルスの解決策発見が待ち望まれます。

今はただ、国民一人一人が自分にできることをしていくしかないのかもしれませんね。

追伸:
こちらのページに掲載した情報は推測であり、県の公表に基づくものでないことを考慮してお読みください。

★追記します

最近の報道を見る限り、「隠蔽している」というより、「コントロールしている」と考えるのが妥当と思われます。

今の日本で重要なのは、医療崩壊を起こさないようにすることです。

かつて、新型インフルエンザが流行した際、人々が医療機関を訪れて、医療現場が混乱をきわめました。

重症でもない人がたくさんむやみに病院にやってくると、

多くのお医者さんが感染しやすくなり、病院内で患者間の感染も広がり、感染者数が爆発的に増えてしまいます。

そのようなパニック状態を防ぐため、国や県は国民に対し、むやみな行動を慎むような対策をとっている、と考えられます。

スポンサーリンク