【3月14日動画】安倍総理の記者会見は中身ない滑舌悪い?内容まとめ!

スポンサーリンク

2020年3月14日、新型コロナウイルス対策に関して、安倍総理大臣が記者会見を行いました。

夕方18時からスタートした記者会見の間、 Twitter や YouTube などで、国民が色んなコメントを出していました。

中でも多いのが、「安倍総理の記者会見は中身がない」とか、「滑舌が悪い」といったコメントでした。

具体的な案は先送りされているという意見も、多く飛び出しています。

どのような記者会見だったのか、 簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

★緊急事態宣言を出す状況ではない

中国やイタリアなどに比べると、日本の新型コロナウイルス感染者数は少ないほうであると述べました。

一万人あたりに対する感染者数も少数なので、緊急事態宣言を出す状況ではないということです。

★学生に対する卒業コメント

全国の小中高校生に対し、卒業生が行えなかったことに対するコメントを出しました。

「卒業おめでとう」という言葉も飛び出しました。

★企業に対する激励コメント

企業に対するサポートをしっかり行うというコメントをしました。

具体的には、給付金という形になりそうです。

★検査できる数が増える

今月中には、これまでできなかった検査数の増加を見込めると発言しました。

★オリンピック開催について

オリンピック開催に向けて頑張っていく所存であるとコメントしました。

今のところ延期や中止の考えはないようです。

トランプ大統領ともコミュニケーションを行い、現在の日本の状況を伝えて、オリンピックの開催に向かって努力していると伝えたようです。

★金融緩和を目指す消費税の減税

明確な答えはなく、とりあえず様子を見ましょうといった感じの答えでした。

★【3月14日】安倍総理の記者会見は中身ない滑舌悪い?内容まとめ!:まとめ

今回は、3月14日に行われた安倍総理大臣の記者会見について記事にしました。

具体的な解決策などはなく、国民からは「中身がない」といったコメントも多く寄せられていました。

一方で、安倍総理はよく頑張っているというコメントも見られました。

今後の方針についてのコメントは特に出ませんでしたが、総理大臣も色々大変だという感じはしました。

印象的だったのは、1時間もの記者会見の間、安倍総理大臣が何か資料を読みながら会見していたわけではないということです。

発表する内容を事前に決めていたのだとは思いますが、それでもこれだけの分量を何も見ずに話したというのは、さすがは一国の総理大臣という感じがしました。

質疑応答に対しても、しっかり相手の目を見て答えていたように思います。

スポンサーリンク