【7月28日】名人戦第4局の速報!豊島VS渡辺の形成判断と結果!

スポンサーリンク

2020年7月28日は、名人戦の第4局の2日目の対局日です。

豊島名人に渡辺2冠が挑む頂上決戦!

ここまでの3戦は、

豊島 2 ー 1 渡辺

という結果で、豊島名人がリードを広げるか、渡辺2冠がタイに戻すか、といった対局になります。

ではさっそく、局面の様子を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

★【7月28日】名人戦第4局の速報!

●午後5時過ぎの局面

先手:渡辺2冠
後手:豊島名人

AIの形成判断は、

豊島名人:5%
渡辺2冠:95%

残り時間は、
豊島名人:17分
渡辺2冠:2時間51分

後手が8六玉と着手し、手番は先手。

候補手は、

・7六玉
・同玉
・8八玉

が出ています。

7手くらい前までは、後手の豊島名人が優勢でした。

玉の逃げる位置が間違っていたようで、5三ではなく5二に逃げればよかったようです。

局面も時間も、先手の渡辺2冠が押している状況です。

●午後6時ごろの局面

先手:渡辺2冠
後手:豊島名人

AIの形成判断は、

豊島名人:5%
渡辺2冠:95%

残り時間は、
豊島名人:7分
渡辺2冠:2時間20分

後手が5五歩と着手し、手番は先手。

候補手は、

・7一角

が出ています。

こちらの局面で、渡辺2冠が夕食に入りました。

対する豊島名人は、盤面と睨めっこしています。

食べずに考え続けるだろうと、解説の屋敷9段はコメントしていました。

●午後時ごろの投了図

先手:渡辺2冠
後手:豊島名人

先手の4六桂馬を見て、後手は投了しました。

★【7月28日】名人戦第4局の速報!豊島VS渡辺の形成判断と結果!:まとめ

序盤から中盤にかけて、豊島名人がリードを奪う展開でした。

しかし、終盤の入り口あたりで、玉の逃げ場所を間違えた後手を、先手が速やかに詰ませた形になりました。

これで成績は2対2。

残り3戦のうち、2つとったほうが名人となります。

どちらが名人に輝くのか、まだまだ目が離せませんね。

スポンサーリンク